目次


MPC Key 37のシステムスペックは?

MPC Key 37は、クアッドコアARMプロセッサーと2GBのRAMを備えた独自の組み込みシステムを搭載しています。

また、内部ストレージとして32GB搭載しています。


MPC Key 37はどのOSに対応していますか?

  • Windows: Windows 10 and Windows 11 
  • Mac: Mac OS 11 - Mac OS 14


ディスプレイの大きさとタッチ操作について

MPC Key 37は、7インチのフルカラー、マルチタッチディスプレイ(解像度16:10)を搭載しており、内部ソフトウェアのナビゲートやコントロールが可能です。

つまり、タッチ操作に対応しているだけでなく、ピンチ操作によるズームイン/ズームアウトや、ダブルタップによる高度な設定のようなマルチタッチジェスチャーにも対応しています。 


MPC Key 37の色は?

発売時には、MPC One+と同様にMPC Key 37のカラーはレッドになります。


内蔵ハードディスクの容量について

MPC Key 37は32GBの内部ストレージを搭載しています。

オンボードのUSBポートとSDカードスロットを使ってサンプルを追加したり、ストレージを増やすことも可能です。


MPC Key 37にはどのような鍵盤が搭載されていますか?

MPC Key 37には、Mini Moogに似たシンセアクション・キーが搭載されています。 


MPC Key 37をMIDIコントローラーとして使用できますか?

MPCとしては初めて、MPC Key 37はスタンドアローンモード時にUSB経由でMIDIコントローラーとして使用することができます。

オンボードのMIDIコントロールモード、MIDIトラック、DAWの内蔵MIDI学習機能を使って、MPCをスタンドアローンモードのまま、複雑なMIDI機能を実現できます。


MPC Key 37の重量は?

8.82ポンド(約4kg)です。


ストレージを追加できますか?

はい!MPC Key 37は、サムドライブやその他のUSBストレージデバイスを接続するためのUSBポートと、標準的なSD/SDHCカード用のSDカードスロットを備えています。

ほぼすべてのドライブサイズに対応していますが、最良の結果を得るためにexFAT、FAT32、またはNTFSにフォーマットすることをお勧めします。


タッチストリップの使い方は?

タッチ・ストリップは演奏の表現力豊かなコントロールとして使用でき、ノート・リピー ト、ピッチ・ベンド、モジュレーションなどのコントロールに設定できます。

タッチ・ストリップのコントロール・モードを切り替えるには、Touch Strip / Configボタンを押します。

ボタンを長押しすると、コントロール・モードの1つを素早く選択できます。

Shiftを押しながらこのボタンを押すと、Touch Strip Configurationウィンドウが表示されます。


AIR Vocal Suiteとは何ですか?

Air Vocal Effects Suiteは、スタンドアロンMPCやお気に入りのDAWのための、これまでにないプラグイン・コレクションです。

新しいAIR Vocal Insert Effects Suiteは、ソングライティング、作曲、パフォーマンス、プロダクションへのモダンなアプローチのために、革新的なボーカルの質感、ハーモニーなどを実現する高度なボーカル処理を提供します。

この3つのプラグイン・スイートには、多機能なピッチ補正、ボーカル・ダブリング、レイヤー、ハーモナイゼーション・ツールが含まれており、作曲家やソングライターに、スタンドアロンのMPCデバイスから業界標準のボーカル・プロセッシングを実現する能力を与えます。詳しくはこちらをご覧ください。


MPC Key 37にはMPC Software ver2.12.4が含まれていますか?

MPC Key 37にはMPCソフトウェアの最新バージョン、バージョン2.14が含まれています。MPC Key 37は完全にスタンドアローンでも、MPC Software 2.12.4のコントローラーとしても使用できます。


コンピュータで使用するために付属のコンテンツをダウンロードするには、いくつかの方法があります。ひとつはMPC 2.0ソフトウェアを開き、PreferencesActivate PluginsタブでinMusicアカウントにログインし、すべての同梱プラグインのダウンロードをクリックする方法です。


もうひとつは、付属のinMusic Software Centerをダウンロードすることです。このプログラムにより、付属のコンテンツを表示したりダウンロードしたりすることができます。


詳しくはこちらのガイドをご覧ください: MPC Series How to Register and Activate Software


新しいシンセコンテンツのオーソライズはどうすればいいですか?

以下の手順を行う前に、インターネットに接続されていることを確認してください。これは、これらのプラグインを有効にするために必要です。

  1. MPC Key 37を起動します。 
  2. Preferencesメニューを開き、Activate Pluginsを選択します。
  3. LOG INをクリックし、インターネットブラウザを使用してinMusic Brands Profileにサインインします。
    inMusic Brandsプロフィールをまだお持ちでない場合は、プロフィールを作成するよう求められます。

  4. サインインしたら、プラグインを有効化できます: 
    1. 最新の購入またはアクティベーションでページを更新するには、Refreshをクリックします。 
    2. デバイス上でプラグインをアクティベートするには、プラグイン名の横にあるActivateボタンをクリックします。
      コンピュータからプラグインのアクティベーションを解除するには、Deactivate をクリックします。


注意:MPC Key 37にはMPC Key 61プラグインコレクションは含まれていません。


MPC Key 37でオーディオトラックを録音できますか?

MPC Key 37とMPC 2.0ソフトウェアの素晴らしい機能のひとつに、オーディオトラックの録音機能が追加されました。

スタンドアローンモードでは、MPCは最大8つのフルオーディオトラックを録音することができますが、MPC 2.0ソフトウェアでは、システムが処理できる限り多くのトラックを録音することができます。


MPC Key 37のUSBポートにUSB MIDIコントローラーを接続できますか?

MPC Key 37のUSBポートには様々な用途があります。

MPC Key 37にてファイルを転送したり、追加ストレージとして、またUSB MIDIコントローラの入力として使用することができます。 

クラスコンプライアントのMIDIコントローラ(ドライバを必要としないもの)をお持ちの場合、MPC Key 37の利用可能なUSBポートに直接差し込むことができ、MIDI情報をコントロールすることができます。


MPC Key 37で現在作成しているMPCプロジェクトを開くことはできますか?

MPC Key 37は旧バージョンのソフトウェアで作成されたMPCプロジェクト、プログラム、シーケンスを認識し、古いMPCハードウェアのプロジェクトやプログラムフォーマットも認識します。

MPCはインポート時にそれらを最新のフォーマットに変換します。 


MPC Software 2.12.4とスタンドアローンでプロジェクトを実行した場合、何か違いはありますか?

あなたの作業スタイルによって、いくつかの違いに気づくかもしれませんが、主な違いはVSTのサポートです。 

MPC 2.12.4は、コンピュータ上で使用する場合はVSTプラグインをサポートしていますが、MPC Key 37上のプロジェクトをスタンドアロンで使用する場合は、これらは無効になります。


プロジェクトはMPC Key 37とそれ以前のMPCの間で移行可能ですか?

プロジェクトは、どのMPCでも転送して開くことができます。

他のMPCユニットとMPC Key 37の出力や入力の違いを考慮すると、現在のコントローラーで利用できない出力や入力が無効になっていることがあるかもしれません。


MPC Key 37の入出力数はいくつですか?

MPC Key 37は2系統のバランスTRS出力と2系統のTRS入力を備えています。

また、MPC Key 37は4系統のTSモノCV/ゲート出力も備えています。


オーディオ入出力に加え、MPC Key 37はフルサイズの5ピンMIDI入力1系統、フルサイズの5ピンMIDI出力1系統も備えている。


CV/ゲート出力は何に使うのですか?

CV/Gateシグナルは標準的なMIDI接続に似ており、ピッチとシーケンス・タイミングのデータを他の機器(通常はモジュラー・シンセやシーケンサー)に転送する役割を担っています。

MIDIとは異なり、CVとGateシグナルは、様々な範囲と長さの単純な電圧を使用して他のデバイスをコントロールします。

例えば、モジュラー・シンセにはCVピッチ入力(任意の時点でシンセのピッチを決める)があることが多いが、代わりにフィルターをコントロールするためのフィルター入力があることもあります。

ゲートは、MIDI シーケンスのリージョンのように、シンセにいつ、どれくらいの時間、ノートを演奏するかを指示します。

詳細はこちらをご参照ください。


CVの範囲と同時出力数について

MPC Key 37は0-5Vレンジを使用します。

すべての出力は同時に使用できます。


内蔵ストレージに直接コンテンツを転送できますか?

すべてのコンテンツはMPC Key 37の内部ストレージに転送する前にサムドライブまたは内部SATAドライブに保存する必要があります。

内蔵ストレージはシステムに接続されているときは使用可能なドライブとして表示されません。  


デスクトップのシンセコンテンツの場所は変更できますか?

コンテンツは、MPCソフトウェアへの即時アクセスを保証する、あらかじめ決められたシステムの場所にインストールされ、移動することはできません。


ケースやバッグはありますか?

今のところMPC Key 37の公式ケースの予定はありませんが、ご興味をお持ちいただけて嬉しいです。

その間に、サイズ要件を満たすサードパーティ製のケースやバッグを見つけることができるかもしれません。


寸法                                          22.92" x 12.36" x 4.08"

(width x depth x height)            58.22 x 31.39 x 10.36 cm


MPC Key 37をMPC 2.0にコントローラーモードで接続してサンプルを録音した場合、サンプルはMPC Key 37に録音されますか、それともPCに録音されますか?

サンプルはMPC 2.0のサンプルプールに記録され、プロジェクトが保存されるとハードドライブに保存されます。

コントローラーモードで接続されている間、MPC Key 37はMPC Renaissanceと同様にコントローラー/インターフェースとしてのみ動作します。

しかし、一度コントローラーモードから切り離すと、プロジェクトはUSBドライブ、SDカード、またはMPC Key 37の追加ドライブに転送し、スタンドアローンで開くことができます。


MPC 2.0はどこでダウンロードできますか?

すべてのMPC Key 37ユーザーは、製品を登録すると、inMusic BrandsアカウントでMPC 2.0のダウンロードリンクと認証コードを見つけることができます。

MPC 2.0ソフトウェアのダウンロード、インストール、アクティベーションの完全なウォークスルーについては、以下のビデオとガイドをご覧ください。: Akai Pro MPC Software 2.0 - How to Download, Install, and Activate



MPC2.0は何回オーソライズできますか?

MPC 2.0ライセンスは、同時に2台の別々のコンピュータ/iLokドングルで認証できますので、同時に2つのアクティブバージョンを持つことができます。

別のコンピュータまたはiLokドングルを認証する必要がある場合は、iLokライセンスマネージャを使用してライセンスを無効化し、別の場所に再認証することができます。

つまり、ソフトウェアの認証を完全にコントロールすることができます。

iLokライセンスのアクティベートとディアクティベートに関する詳しい説明は、こちらの記事をご覧ください。


MPC 2.12.4のファームウェア・アップデートはどこで入手できますか?

MPC 2.12.4ファームウェア・アップデートは、お使いのデバイスのソフトウェア・マネージャー、およびお持ちのMPCの製品ページで、すべてのユーザーの皆様にご利用いただけるようになりました。

また、ファームウェアはinMusicプロファイル内のMPCのソフトウェアダウンロードの下にあります。

MPCのファームウェアのアップデート方法に関する追加情報については、こちらをご覧ください。


MPC 2.0のライセンスはiLokドングルで認証することができますか?

ソフトウェアのオーソライズ中にiLokがコンピュータに接続されていることを確認し、オーソライズ中にライセンスを保存する場所としてiLokを選択することができます。 


付属または追加のプラグインを他のソフトウェアで使用できますか?

同梱されているすべてのインストゥルメントとプラグインは、MPCソフトウェア内で他のDAWのプラグインとして使用することができます。

MPC Key 37を新規購入した際に提供される無料プラグインなど、同梱されているプラグインの一部には、MPCを使用せずにサードパーティ製DAWで使用するためのVST/AUバージョンが付属しています。 


使用できるトラック数に制限はありますか?

MPC 2.0とスタンドアロンMPC Key 37は、合計トラック数が128に制限されます。 

これはまだ各システムの制限とCPUの制約に従うことを覚えておいてください。

注:MPC Key 37は、スタンドアロンモードでは、一度に8つのオーディオトラックと8つのプラグインプログラムにのみ対応します。


MPC 2.0は、以前のMPCソフトウェアのように、DAWのVSTプラグインとして動作しますか?

MPC 2.0には、VST、AU、AAXの各バージョンが搭載され、従来のMPCソフトウェア・バージョンと同様に、お気に入りのDAWでプラグインとして使用することができます。  


MPC 2.0はサードパーティ製プラグインをサポートしていますか?

MPC 2.0は、以前のMPCソフトウェア・バージョンと同様に、Mac用のAUプラグインだけでなく、VST2プラグインもサポートします。


現在作成中のMPCプロジェクトをMPC 2.0で開くことはできますか?

MPC 2.0は、MPC5000やMPC2500のようなレガシーなハードウェアMPCであっても、以前のMPCバージョンからのプロジェクト、プログラム、シーケンスと完全に互換性があります。

MPC 2.0は以下のファイルタイプをサポートします:

.AKP、.ALL、.IPT、.PGM、.PRJ、.SND、.MID、.SEQ、.APS、.50k、および.50s。


Akaiにバグレポートを送るにはどうすればよいですか?

どのような機能が好きか、どのような機能が嫌いか、どこを改善したらよいかなど、ご意見をお聞かせください。

MPC 2.0では、フィードバックモジュールがあり、メモやクラッシュレポートを送っていただくことで、私たちのチームがレビューし、次回のアップデートを検討することができます。

フィードバックオプションは右下の顔文字マークをクリックしてください: